KFC・マクドナルド・他の危険性

フライドチキン・ハンバーガーなど
ジャンクフード・ファーストフード
早い・おいしい・手ごろな値段

  便利さに警告!!

内海先生のお話
多くの方たちに知っていただき
考えてもらいたいです。


  内海 聡 先生からのお話

中国産薬漬け&病気鶏肉問題、
日本のマックチキンにも疑惑浮上 
日本マクドナルド「心配なら購入控えて」

  中国国内のマクドナルドやKFCで、
抗生物質や成長ホルモン剤を過剰に投与した
鶏肉が使用されていたことが分かり、
大騒ぎになっている。

https://www.youtube.com/watch?v=R9muX-jOtIs

その後、
河南省の大用食品グループという
日本にも鶏肉加工品を輸出している企業でも
病気鶏肉を食品に転用した疑惑が報じられた。

そうした鶏肉が日本に輸入される可能性はないのか。

日本のKFCでは中国産鶏肉は使っていないという。

一方、この大用食品グループは
アジア地域のマクドナルドのサプライチェーンと
位置付けられている企業であるため、
日本マクドナルドに中国の仕入れ先企業名を尋ねると、
「情報は提供できない、心配なら購入を控えて貰うしかない」と
説明責任を全く無視した対応だった。

同じ中国産鶏肉でも、
大阪王将は仕入れ先の中国企業名と検査情報を提供中。

説明責任を果たせないマックチキンは黒と判断せざるをえない。

中国山東省の山東六和集団という
企業グループの契約養鶏家へのインタビューでは、
毎日、1日に2回抗生物質をえさに混ぜて投与しているが、
耐性が出るのを防ぐために
18種類の抗生物質の種類を常に変更して与えているとのだという。

不自然な育成法について行けずに死ぬ鶏も多く、
「鶏に近づいたハエが毒死した」との報道もある。
出荷された鶏肉から基準を上回る
抗生物質が検出された例もあるのだという。
日本でもブロイラーの養鶏には抗生物質が使われるが、
食肉へ残留しないように出荷7日前以降の投与は禁じられている。

中国の報道では
そうした鶏肉が上海のケンタッキーフライドチキン(KFC)やマクドナルドの倉庫へ
運び込みこまれるところまで取材されており、
中国国内で大きな話題となった。

日本では産経新聞しか報道しなかった。

またその後の報道で北京の吉野家も仕入れていたことが発覚した。

KFCやマクドナルドは当初、
自社に納品された鶏肉は
第三者機関による独自の検査を行い違反品は
廃棄していると説明していたが、
その後の上海市当局の調査で、
2010年から2011年にかけて
KFCが問題の山東六和集団から仕入れた鶏肉で
19件検査されたうち8件で
基準を上回る抗生物質が検出されていたことが判明。

KFCは検査結果を当局へ報告せず、
2012年まで山東六和集団との取引を続けていた。
また今回新たに倉庫から提供された
KFCの鶏肉を検査したところ、
抗生物質や成長ホルモン剤は
基準値以下だったものの、
使用が禁止されている
抗ウイルス薬の可能性がある
薬物が検出された。


PS
企業が大きくなれば
仕入れ販売量も増える訳で
原材料確保が大変なのでしょう。

仕入れ担当者もノルマ達成のために
危ない橋を渡らなければならず
大変でしょう。

目先の利益に囚われず
人の為になるような(喜んでいただける)
取引・商売をしたいものです。

今の時代は、
特に求められているように思います。

たまに、
ケンタッキーフライドチキンとか
バイオニックバーガーと思いつつ
食べたくなってしまうんですよね!

安全な物を提供してもらいたいです。

https://www.youtube.com/watch?v=Vp9DUmsRUqU
[PR]

by biwa9aks | 2013-07-02 11:56  

<< 夏本番 スポーツドリンクの危険性 癌死亡保障(がん保険)が満額貰... >>