「自然の中の原子転換」

「マクロビオテック」で
有名な桜沢如一先生を御存知ですか?

「マクロビオテック」とは、
macro・・・・・大きな・包括的な・無辺の
bio・・・・・・・・生命の・生き生きした
biotic……生活法・若返り術
と、言う事です。

桜沢先生は、「マクロビオテック」のほかに
1963年7月に
「自然の中の原子転換」
C.L.KERVRAN著の
日本語に翻訳されました。
c0246876_101814.jpg

「マクロビ」を実践されている方でも
このような本を
桜沢先生が翻訳されている事を
知らない方が多いと思います。

K+H→Ca
Mg-H→Naなど
身体の中で原子転換が起きている。

1963年にすでに
放射性物質の原子転換について
述べられている。
放射性セシウム+H→バリウムに
変化する。

現代では、
自然界のカリウム(K)には、
放射性カリウム40が25%存在していて
放射性カリウム40+水素(H)→カルシウム(Ca)に
原子転換されると実証され
新潟大学、阿保先生も言われている。

テネモス飯島先生の
「吸引サイクル理論」
自然浄化サイクルでも
原子転換が起きる。
と、言う。

桜沢先生は、
原子転換理論を
「マクロビオテック」に取りいれ
理論強化をしたと考えられる。

人間の体は、
ビタミンCだけ「作らない」と言われます。

「作らない」とは、
何故、作らないのか?
大量に取ってらどんな弊害が出るのか?
実験・考察がないままに
ビタミンCは、これだけ必要だ!
と、なっています。
詳しく説明をしてもらいたいです。

ビタミンCを「唯一作らない」のに
大量に取る必要があるのか?
身土不二の考えから
逸脱しているのではないのか?
考えさせられます。

全ては、酸化防止の為に
使われているとしたら?
人間が腐らなくなってしまう。

それでいいのか?

酸化防止剤として
石油がらみの安いビタミンCが
食品に使われています。

これで良いのか?

カルシウムをサプリメントで取るより
体内で作り出したものが
最高に身体に良いのです。

牛は、草しか食べないのに
「大量の骨を作れるのか?」が
簡単に説明がつくのです。

骨祖しょう症を予防する為に
「牛乳・ヨーグルトが良い?」
大量に取れば
逆に骨祖しょう病になってしまいます。

最初に歯が抜けると言う。
歯医者は、良く知っているが
絶対に言わない。
インプラント・入歯を作る人が居なくなるから!
また、乳がん・子宮がん発病率が
高くなります。

牛乳を沢山取るために
大量のホルモン剤を
乳牛に使っている場合が
あるからだと思います。

大豆発酵食品
味噌・醤油・納豆
沢山取りましょう。
醤油モドキを使わないように!
TVコマーシャルに
NTが多く存在するらしい。
活性酸素除去作用が高いらしい。
ラフィーネαコマーシャルより
[PR]

by biwa9aks | 2013-08-08 10:50 | Comments(0)  

<< 新宿中央公園で踊ってきました。 家の冬瓜が凄い事になってる >>