<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

冬瓜に実が付いた!

東京は、日照条件がとても悪いのですが
こんな小さなプランターでこんなになりました。
今日朝水をあげていたら
10㎝位のミミズが二匹いました。
ジャガイモの新芽も出てきました。
c0246876_1145072.jpg

冬瓜の実は三個確認しました。
c0246876_1117689.jpg

c0246876_11173116.jpg

c0246876_116378.jpg

c0246876_117479.jpg

c0246876_1173263.jpg

今年は、例年になく気温が高く屋根のトタン板が焼けて
冬瓜のヒゲが焼けてしまっていました。

他所の日々草は、茶色くなっているのを見かけますが
我が家の日々草は、まだまだ青々としていて元気です。
去年は、11月まで花を付けていました。
今年も後、二か月頑張ってもらいたいです。
c0246876_11184258.jpg

日々草は、三年前に買ったもので
代々種から発芽して咲いたものです。
[PR]

by biwa9aks | 2013-09-20 11:23 | Comments(5)  

先日、菓子パン貰いました。

先日、菓子パンを友人から貰いました。
気持をいただく為に食しました。

菓子パン4種と饅頭、イオン飲料です。

パッケージを見てため息が出てしまいました。
c0246876_1929331.jpg

「凄い物を食べてしまった。」と、思いましたが
美味しかったですよ。

何種類の化学物質が
どの位入っていたのか考えると
怖い物を感じました。

pH調製剤・・・何種類も薬品が入れられる総称
ビタミンC・・・・酸化防止剤(腐り止め)
調味料・・・・・・グルタミン酸類
食用油・・・・・・トランス脂肪酸
乳化剤・・・・・・界面活性剤
香料・・・・・・・・天然系600種類・合成系96種類
マーガリン・・・プラスチィックと言われる。

「表示免除」で記載されない物も存在する。

キャリーオーバー・・・・・・入っているのに無表示
        原材料に入っている添加物のこと。
          ・ 醤油風調味料に入っている添加物
          ・ マーガリン、化学調味料、酸味料に含まれる乳化剤  

加工助剤・・・・・・・・・・・・・残っていなければ何を使ってもよい
        加工食品を作る際に使われた添加物のうち、
        食品の完成前に除去・中和されたりするも物のこと。

ばら売りおよび店内で製造・販売する物
        何が使われているかわからない。
        ばら売り(包装していない物)の加工食品・・・添加物表示不要
        レストラン(大型チェーン店)なども添加物表示不要

パッケージが小さいもの・・・・・全てを書くとラベルの中が見えなくなる。
        飴・一口サイズのお菓子など、パッケージが(30㎝×30㎝以下)は、
        原材料を記載しなくて良い。
          ・ コーヒーフレッシュには、7~8種類の添加物を使用している。
          ・ 主要な添加物だけを記入

菓子パン・饅頭・弁当・加工食品などは、「表示免除」になり
主要な一般的な表示(あたり障りがない)のものだけ書いてあり
実際は、内容不明なのです。


大量の種類の添加物を取っているのだろうと考えたら
農産物の野菜・果物も農薬・ポストハーベスト剤が
添加物と考えられる。

考え出したら食べれれなくなってしまう。
「新型拒食症」と、言う病気ですね。
この苦しみは、かなりきついですよ。
病院行っても絶対に治らないですよね。












 
[PR]

by biwa9aks | 2013-09-14 20:42 | Comments(1)  

地球からの贈り物「フルボ酸」

「フルボ酸」聞いたことありますか?

私は、5年前にディック・ミヤヤマ先生に
お会いして「フルボ酸」のお話を直接お聞きました。

「死ぬまで老いない!」
驚きでした!

たった一つの栄養素が不足している為に
私たちの食は、空っぽの状態に陥っています。

栄養素が機能しない為にいくら食べても
満足しないので過食なってしまう。

健康不安・老化をもたらす
「なんとなく不調」の原因は、
フルボ酸(fulvic acid)の不足によるものです。

人体には、0,02%存在し、又、必要と言います。

フルボ酸とは?

深い森の中で枯れ枝良落ち葉がたまり
バクテリアなどの微生物やミミズによって
分解さて土状になります。
腐葉土・腐植土と呼ばれ「天然堆肥」です。

さらに分解が進むと
最終生成物として
腐食物質(フミン質=humic substance)が残り
この内のごくわずかが「フルボ酸」です。

以前から三陸の漁港の人達が
海藻・魚貝類を増やすために
自然森を再生する運動をしていました。
「フルボ酸」を三陸の海に入れる事が目的です。

動植物の体内における
ミネラル・バランスを最適化する。

動植物体内で合成製造が出来ない。

クスリ・各種サプリメント・ビタミン剤を取る時
フルボ酸と組み合わせないと効果が出ない。

ネイティブアメリカンが発見したと言われる
ユタ州・エミリー群でヒューミック・シェールと呼ばれる
古代植物堆積層からミネラルを取り出すと
77種類いのミネラルが抽出できます。
このように大量のミネラルを引き寄せた物が
「フルボ酸」です。

海水汚染・土壌汚染へのフルボ酸効果

日本では、除染の為に
「ひまわり」を植えましたが
失敗しました。

「ひまわり」と「フルボ酸」を
セットで考えられる専門家が居なかったのです。

「ひまわり」で除染できる。と言う
非科学的妄想により試された。

チェルノブイリの「ひまわり」畑は、
セシュウム137を根などの体内に
8000倍蓄積
ストロンチュウム90を花などに
2000倍貯蓄した。

「フルボ酸」を使って育てた「ひまわり」は、
セシウムなどが無害の「バリウム」に変化した。

フルボ酸と放射能汚染
c0246876_13533134.jpg


ミヤヤマ先生は、
世界初「フミン酸を含まないフルボ酸製造」に成功しました。
短期間に製造出来るサイクルを作った事が凄いのです。

「フルボ酸」について世界トップの研究者です。

日本では、フルボ酸が作れない為に
医療・農業分野の研究が大変遅れています。

一般の人で、知っている人は皆無です。

ミヤヤマ先生は、発毛・育毛の権威でもあります。
1万人以上の治療例を持っています。
ハリウッドの有名俳優を沢山診たようです。

2008年 アメリカ共和党上院議員会スピリッツ勲章授与
主な研究・開発分野
「発毛・育毛の研究開発」
「植物・動物の発育研究」
「土壌改善の研究」
「東洋医学と西洋医学それぞれの利点を
生かした医薬品と健康食品の研究」 等

詳しくは、ミヤヤマ先生の著書をお読みください。
「フルボ酸」について良くまとめられています。
c0246876_14102045.jpg

c0246876_14104056.jpg


福島県の放射線を測定する機関では、
このようにすると除染が出来ると
いろいろな個人研究家が話に来るそうですが
全て取り上げないそうです。

現実に除染が出来ても認めない。
放射線の半減期以外理論的に認められない。

原子転換すること事態考えられない。

今迄、研究してきた事への権益
見直しが怖いのでしょう。

福島県の木の実・桃などの果物放射線量は
ほとんど出ない。
何故でないのか現代科学では説明が出来ないのです。

私の友人が放射線量を測ってきた報告による。
各家の門1メートルに観測点が有り
日に日に放射線量が下がっているとも言う。

葉物は放射性物質を吸収しますが
枯れて土に帰ると
腐食菌によって無害化して行くのでしょう。

広島原爆後10年もたたない内に
広島カキは美味しいと言って食べたいましいた。
あれは何だったのでしょう?
広島のカキを沢山食べたから癌になった。
と、聞いたこともない。

地球(自然)は、汚れたら元に戻ろうとする
自然浄化システムが存在する。

その究極が「フルボ酸サイクル」「吸引サイクル」です。
[PR]

by biwa9aks | 2013-09-05 14:36 | Comments(6)