「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

必読!抗癌剤を医療機関(医者)から勧められているいる方

厚労省「抗がん剤でガンが治ることは、ほとんど無い」
 お医者さん全員「これ(抗がん剤)は毒物」
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/37868d9921b27f3e599009b5b28353b9

世界には癌産業(癌で膨大な利益を上げるビジネス)が存在。
税収(40兆円)の7割に匹敵。莫大な金が動いている
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/0eb082085ecf976262cd24396ab7ad34


WHOは2015年4月現在も、抗がん剤を「禁止」していない
http://d.hatena.ne.jp/usausa1975/20150427/p1


日本ではあまり知らされていない、WHOの抗がん剤使用禁止勧告!
http://open.mixi.jp/user/2878558/diary/1941478577


WHOが抗がん剤の使用をやめるようにいいだした。あとは各国の国内法の問題。
http://www.k2o.co.jp/blog2/2014/07/post-1223.php


世界で合法化の波が来ている医療用麻薬(マリファナ)の真実
http://matome.naver.jp/odai/2140135314816755401


アメリカは医療大麻が主流になっている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%A4%A7%E9%BA%BB

私たちは、病気で苦しむ患者さんが 大麻治療 を選択できるようにすべきだと考えています。
http://iryotaima.net/

世界で激化する“医療大麻”利権「日本も認可しないと出遅れる」
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150319/Dmm_927837.html


大麻、医療大麻の効能、作用について
http://tuyosi723teikoku.jimdo.com/%E5%A4%A7%E9%BA%BB-%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%A4%A7%E9%BA%BB%E3%81%AE%E5%8A%B9%E8%83%BD-%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/


大東亜戦争前
大麻タバコは、
喘息の特効薬として売られていた。

昔から緑内障の特効薬でした。
眼圧を下げる特効薬として使われていた。

大麻防止法は、
日本が大東亜戦争に負けて
戦勝国アメリカGHQによって造られた。

当時、アメリカ南部は
綿花の世界最大生産地で
日本の麻文化である
麻布、麻紙、薬、の原料である
麻生産を禁止して
アメリカ産綿花を
日本に買わせるために
創ったものです。

癌は、大麻を使わなくとも
簡単に治せる病気かも?

2000年に原因と治療法を
発表したイタリアのドクターがいました。
末期癌患者80%完治の
実績を出しています。

このドクターは、
医療マフィア(ロックフェラー財団)によって
社会的地位を消されてしまいました。

現在、インドで活動している。
と、聞いています。

現代医学では
癌の原因、癌の定義、癌転移も
医学・理論的に何も説明できない。

高血圧、糖尿病、腎臓病、膠原病も同じ!
「完治した」と言う論文も無いらしい。

現代医学では、
病気は治すより
「慢性疾患管理」と
カルテに書かくことが
医療なのでしょう。

高い管理料と薬代を払い
満足するお客さん
その薬によって
次なるステージ
ボケ・認知症・透析が
待っている。

モルヒネ使用は
3回以上使えば
モルヒネ(麻薬)中毒になり
痛いと言えば
モルヒネ量が増えていく
医療保険で麻薬をもらえる。
結果的にモルヒネを
投与されたら
1ヶ月でモルヒネ(麻薬)
中毒で死ぬ。

大麻は、モルヒネのような
中毒症状(習慣性)が無い
ベトナム戦争に行った
帰還兵は良く知っている。

オバマ大統領も
「マリファナはアルコールより安全」
と、言っているらしい。
[PR]

by biwa9aks | 2015-06-14 00:43 | Comments(0)  

血圧は低気圧が来る1日前に上がる。

血圧は低気圧が来る前に上がる
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kinosita/hd.htm

天候の変動による脳出血発作危険度の予測
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kinosita/he.htm

血圧は、高気圧の時
低気圧が来る1日前に
20mmHg上がると言う。

20mmHg高くなると言うことは
130~140mmHgの人が
150~160mmHg
と、言うことになる。

逆に低気圧時、
明日、高気圧が来る時には、
20mmHg下がると言う事です。

脳溢血などの症状は
高気圧時、低気圧が来て
血圧が上がる数時間前に起こる。
と、言われている。

この事を考慮して
現在、高血圧と、言われる人は、
高血圧症と言われましたか?

これが事実なら
高血圧学会が言う
高血圧症の数値は
可笑しいことになる。

薬を売る為の数値で
高血圧は治ってはいけない
病気なのでしょう。

高血圧・糖尿病・腎臓病の
治った論文が無いのです。

出しても破られると思いますが?
面白いですよね!

理解で来ますか?

高気圧時130~140mmHgの人は、
低気圧が来る1日前に
150~160mmHgになると言うことです。

血圧と気圧の関係について
学術論文として研究・発表されています。

何故、低気圧が来ると
血圧が上がるのでしょうか?

人間は、高気圧が来ている時に
正常内気圧に調整されているのでしょう。

現代医学では、
認知されていない。

飯島秀行先生の理論が
証明するでしょう。

低気圧が来ると
吸引サイクルが止まってしまうからです。

先日(6月4日)
この日の天気は、
29度、20~35%の湿度でした。

炎天下、日に当たっていても
皮膚に塩分が出て
塩っ辛いだけで
汗をかきませんでした。

汗とは、湿度が高く、
皮膚に塩分が体内より出て
吸引サイクルによって
大気中の水分が
皮膚の塩分に集まり
体内から出ているように感じるのです。

過激な運動をすると
体内圧力が強烈に高くなり
強烈な吸引サイクルが働き
広範囲の大気中の水蒸気が
その人の皮膚に集まり
大量の汗になるのです。

塩分不足の場合、
皮膚に大気中の水分を
皮膚に集めることが出来ず
結果、体内温度が抑えられず
熱中症になります。

人間の身体は、
大量の水分を排出する原因は
呼吸をすることです。

人体は超ケチなので
皮膚からの
体内の水分排出は
最小限です。

皮膚からの大量水分排出は
生命を維持できなくなるからです。
体液のPhが簡単に変ってしまったら
生命を維持できないからです。

体内圧を維持する事で
体内原子転換をして
ミネラル、酵素、ホルモンを
作り出しているのでしょう。

また、フリーエネルギー循環を
可能にしているのでしょう。

体内原子転換については
新潟大学安保先生や九州大学の先生が
言われている。

圧を高く上げるだけで
放射性物質を
無害化できる。
と、飯島先生はお話されています。

大きな木の最先端部分には
吸引サイクルにより
放射性物質が集まり
除染していると言う。

吸引サイクルを
知らない学者たちは
大きな木を
放射線量が高い
と、言うだけで
切り倒してしまう。

専門家学者・医学者ほど
真実を見ていない。

意思気圧と言うことも
お話されています。

吸引サイクルとは、
「宇宙のたった1つの神様の仕組み」
と、飯島秀行先生は、
言われています。

高気圧から低気圧に
変化する時
血圧が上がらないと言う人は、
低血圧の時
うつ状態になってしまう。

何故?
血圧が上がらないのか?
が、問題になるだろう。
[PR]

by biwa9aks | 2015-06-05 21:09 | Comments(0)