船瀬図書館から「サプリメントは効果なし」

「サプリメントは効果なし」 米医学誌がバッサリ

c0246876_1531663.jpg

ビタミンやミネラルなどの
サプリメントは健康効果がなく、
十分な栄養を取っている人には
むしろ害になる可能性がある
という研究結果を、
アメリカの医師らが
医学誌アナルズ・オブ・インターナル・メディシンで発表しました。

論文のタイトル
「もう十分:ビタミンやミネラルのサプリメントに
金を浪費するのはやめよう」が
衝撃的だったこともあり、
米メディアが一斉に報道し、
話題になりました。

論文を発表したのは
米ジョンズ・ホプキンス大の教授ら。

新たに発表された
3つの研究結果をまとめたもので、
心臓血管疾患やガン、
認知症や言語記憶、心筋梗塞、
いずれに対しても
ビタミンやミネラルなどの
サプリメントは効果がなかったとし、
過去の研究から、
ベータカロチンが
肺がんリスクを高める可能性や、
ビタミンEや高容量のビタミンAの摂取が
死亡率を高める可能性などが
明らかになっているため、
安易な摂取は
避けるべきとしています。

唯一ビタミンDに関してはさらなる
調査が必要としていますが、
サプリメントの健康効果に関する
議論は終わったと結論付けています。

著者の一人であるミラー医師は、
CBSニュースに
「健康になりたいのなら、
効果のないサプリメントに
浪費するのはやめ、
果物や野菜、ナッツ類、豆類、
低脂肪の乳製品などの
食品を食べて運動すべき」と、
語っています。

健康食品業界はこれに異を唱え、
健康的な食生活を
送ることができない
人の栄養補助に
サプリメントは
必要だとしていますが、
心臓血管疾患と
ガンの調査を行った
フォートマン医師は、
ニューヨークタイムズ紙に
「悪い食生活を
サプリメントで補えるなんて思うな。
サプリメントを
たくさん摂取すればファストフードを
たくさん食べても大丈夫だなんて
考えるべきではない」と、」
語っています。

これまでも、
サプリメントの効果は
疑問視されていましたし、
政府が健康食品の
安全性を検査していないことも
問題視されていました。

今秋には、
フィラデルフィア小児病院が、
安全性や効果を証明できないことを
理由に院内の薬局での
サプリメントや健康食品の
販売を禁止し、
リスクを説明してもなお摂取を
希望する患者の親には
病院側の免責を認める
証書への署名を
義務付けています。

記事引用:BLOGOS
http://lite.blogos.com/article/76369/
http://annals.org/article.aspx?articleid=1789253
[PR]

by biwa9aks | 2014-01-29 15:30  

<< 抗がん剤・ワクチンに付いて ニュートリノ新時代の幕開け ヒ... >>